コンテンツにジャンプメニューにジャンプ
大阪健康安全基盤研究所

トップページ > 一般の方へ > RSウイルス感染症が増加しています。ご注意を!

RSウイルス感染症が増加しています。ご注意を!

掲載日:2021年3月25日

RSウイルス感染症(5類小児科定点把握感染症、感染症法)が増加しています。

大阪府内の定点医療機関からの報告数は増え続けており、令和3年(2021年)3月8日~3月14日(第10週)には、定点医療機関あたり1を超えました。
大阪府感染症発生動向調査週報 (速報)2021年 第10週

第10週に定点医療機関あたりの報告数が多かった地域は、大阪市北部ブロック(6.50)、大阪市東部ブロック(3.07)、南河内ブロック(1.31)、中河内ブロック(1.25)の順となります。

全国的には第9週の定点医療機関あたりの報告数は0.44と高くはありませんが、九州の多くの地域では定点医療機関あたりの報告数が増加し、注意を呼び掛けている自治体もあります。
○国立感染症研究所「感染症発生動向調査週報(IDWR 2021年第9週(第9号))」

例年RSウイルス感染症は9月頃に増えることが多いのですが、2020年は年間を通じて報告数が非常に少ない状況でした。感染の機会がない方が多かったと推測されることから、2021年は発生数が多くなり、当面、発生が続くと考えられます。

RSウイルス感染症の原因は、RSウイルスです。発熱、鼻水、咳などの風邪に似た症状が数日続きます。重くなると肺炎や細気管支炎といった病気を引き起こす場合があります。2歳までにほとんどの子どもが感染するといわれていますが、生涯にわたり何度も感染を繰り返します。低出生体重児、心臓や肺に基礎疾患がある場合やダウン症候群の子どもでは、重症化のリスクが高まります。また、心臓や肺に基礎疾患を有する高齢者も重症化する恐れがあります。

RSウイルスに感染している人が咳やくしゃみをした時に飛び散るしぶき(飛沫)を吸い込んだり、ウイルスが付着した手指や日常的に触れる物(おもちゃ、ドアノブ、手すり等)を触ったりなめたりすることにより感染します。

RSウイルスに有効なワクチンや抗ウイルス薬はなく、症状を和らげるための対症療法が主になります。

感染予防のために、手洗い、マスクの着用など咳エチケットが重要です。 

RSウイルス感染症について詳しくお知りになりたい方は、下記ホームページをご参照ください。

○大阪健康安全基盤研究所「RSウイルス感染症について」

○大阪健康安全基盤研究所「大阪市内で検出されたRSウイルスの疫学

〇大阪健康安全基盤研究所「乳幼児は注意を!! RSウイルス感染症

○大阪府「RSウイルス感染症について」

○大阪市「RSウイルス感染症について」

○国立感染症研究所「<注目すべき感染症>RSウイルス感染症(IDWR 2018年第32号)」

○国立感染症研究所「RSウイルス感染症とは」

○厚生労働省「RSウイルス感染症Q&A(2014年12月26日)」

成人・高齢者におけるRSウイルス感染症の重要性については以下をご覧ください。

○国立感染症研究所「成人・高齢者におけるRSウイルス感染症の重要性(IASR(病原微生物検出情報・月報)2014年 35号 p147-148)」

お問い合わせ

公衆衛生部 健康危機管理課
電話番号:06-6972-1326