コンテンツにジャンプメニューにジャンプ
大阪健康安全基盤研究所

トップページ > 一般の方へ > 熱中症に気をつけてください。

熱中症に気をつけてください。

掲載日:2018年7月23日

「熱中症」は高温で多湿な環境で生じる健康障害のことで、体内の水分・塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かなくなったりして、体温上昇、めまい、けいれん、頭痛などの様々な症状を起こします。屋外だけでなく、室内でも発症し、最悪の場合、死亡することもあります。

「熱中症」について正しい知識を知り、体調の変化に気をつけて、夏を健康に過ごしましょう。

 

以下は熱中症の予防や対処に関する要点です。

  • こまめに水分・塩分、経口補水液などを補給してください。
  • 暑さを避け、できるだけ風通しのよい日陰など、涼しい場所で過ごしましょう。
  • 熱中症の症状に気をつけてください。めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う。
  • 重症の場合、返事がおかしい、意識喪失、けいれん、からだが熱い。
  • 熱中症が疑われる人を見かけたら、<涼しい場所へ移動>、<からだを冷やす>、<水分・塩分、経口補水液の補給>をお願いします。
  • 自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を! 

 地震や豪雨における被災地においては、気温が上昇している中での復旧作業や生活環境等により、熱中症にかかるリスクが高くなると見込まれますので、特に注意してください。

お問い合わせ

公衆衛生部 健康危機管理課
電話番号:06-6972-1321