コンテンツにジャンプメニューにジャンプ
大阪健康安全基盤研究所

トップページ > 一般の方へ > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について(10)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について(10)

掲載日:2020年2月27日

新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、府民の皆様からの健康相談に応えるため、一般電話相談窓口を設けております。

厚生労働省:0120-565653 (フリーダイヤル)受付時間9時~21時(土日・祝日も実施)

大阪府:06-6944-8197(FAX 06-6944-7579)受付時間9時~18時(土日・祝日も実施)



新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口として、新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)が設置されています。以下の症状があるときは、ご相談ください。

【相談対象者】
 A 風邪の症状や37.5℃前後の発熱が4日程度続いている。
(高齢者・妊婦・基礎疾患がある方は2日程度)
 B 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさがある。

【連絡先(土日祝含む終日対応)】
大阪府:新型コロナ受診相談センター一覧(EXCEL)新型コロナ受診相談センター一覧(PDF)

 

概要

2019年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市において、肺炎患者の発生が複数報告され、患者から新型のコロナウイルス(SARS-CoV-2)が検出されています。
2020年1月28日には、この新型コロナウイルスによる肺炎について、感染症法に基づく「指定感染症」と検疫法の「検疫感染症」に指定する政令が閣議決定されました。(2月1日施行)


参考:指定感染症・検疫感染症とは

指定感染症とは既に知られている感染性の疾病(一類感染症、二類感染症、三類感染症及び新型インフルエンザ等感染症を除く。)であって、感染症法上の規定の全部又は一部を準用しなければ、当該疾病のまん延により国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあるものとして政令で定めるもの。

検疫感染症とは国内に常在しない感染症のうちその病原体が国内に侵入することを防止するためその病原体の有無に関する検査が必要なものとして政令で定めるもの。



1月31日(日本時間)に、世界保健機関(WHO)の緊急委員会は、中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC: Public Health Emergency of International Concern)」に該当すると宣言しました。

WHOの発表

厚生労働省:「中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎に関する世界保健機関(WHO)の緊急事態宣言」



世界保健機関(WHO)は2月11日、新型コロナウイルス感染症の正式名称を「COVID-19(coronavirus disease 2019)」とすると発表しました。

WHO(1ページ)

また、本疾患の原因ウイルス名として、これまで一時的に「2019-nCoV」という表記が使用されていましたが、国際ウイルス分類委員会(International Committee on Taxonomy of Viruses:ICTV)において正式に「SARS-CoV-2」と命名されました。

国際ウイルス分類委員会(News:Naming the 2019 Coronavirus)

 

大阪府内における患者発生状況

1月29日に厚生労働省より、新型コロナウイルスに関連した患者発生の報告がありました。
府内で確認されたのは初めてです。
本患者は2月6日に検査で「陰性」が確認されましたが、2月26日に検査「陽性」と判明したことが大阪府より報告されました。

大阪府:
新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(2020年1月29日)
新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(2020年2月26日)

新型コロナウイルス感染症について(注意喚起・新型コロナウイルスに関連した患者の発生等について)

厚生労働省:
新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生について(8例目)
新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生について(159例目)

  

発生状況(世界および日本)

感染者および患者の発生状況として、中華人民共和国で 78,191 例(死亡 2,718例)、日本で 164例(詳細は参考参照)、他に 35の国・地域で報告があります(2020年2月26日現在)。日本においても新型コロナウイルスに関連し、死亡した症例の報告がありました(厚生労働省:新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(27例目))。


参考:

厚生労働省:報道発表資料 2020年1月

厚生労働省:報道発表資料 2020年2月

厚生労働省:報道発表資料 2020年3月

厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について 報道発表資料 発生状況

WHO:Coronavirus disease (COVID-2019) situation reports
 

症状・所見

発熱、咳、息苦しさ、だるさなどの症状、胸部X線で両側異常(浸潤)影の所見が報告されています。

 

予防について

大阪府・市民の皆様におかれては、過剰に心配することなく、季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

 

関連情報

厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について

厚生労働省検疫所:中国における新型コロナウイルスによる肺炎の発生についての国際渡航と貿易に関するWHOの助言

国立感染症研究所:コロナウイルスに関する解説及び中国湖北省武漢市等で報告されている新型コロナウイルス関連肺炎に関連する情報

大阪府:新型コロナウイルス感染症について

大阪市:新型コロナウイルス感染症について

 

新型コロナウイルスに関連した感染症に係る外国語対応をはじめとする外国人患者への対応等に係る支援ツール

厚生労働省:「外国人患者を受け入れる医療機関の情報を取りまとめたリスト」について

日本政府観光局(JNTO)(英語・中国語・韓国語・日本語で閲覧可能):
日本を安心して旅していただくためにー具合が悪くなったときに役立つガイド

厚生労働省:医療機能情報提供制度(医療情報ネット)について

厚生労働省:外国人向け多言語説明資料一覧

大阪府:おおさかメディカルネット

お問い合わせ

公衆衛生部 健康危機管理課
電話番号:06-6972-1326