コンテンツにジャンプメニューにジャンプ
大阪健康安全基盤研究所

トップページ > 一般の方へ > 3月24日は世界結核日です。-大阪は結核の多発地域-

3月24日は世界結核日です。-大阪は結核の多発地域-

掲載日:2019年3月11日

世界結核日の由来

 結核の原因である結核菌を発見したのは、ドイツの細菌学者ロベルト・コッホ1です。ロベルト・コッホが結核発見の講演をした日である1882324日に因み、世界保健機関2は、結核制圧・根絶への誓いを新たにするために、毎年この日を世界結核日(World Tuberculosis Dayとしています。結核制圧・根絶に向け、世界結核日にさまざまな啓発活動や行事が実施されます。

 

1)ロベルト・コッホ(Robert Koch):

近代細菌学の開祖、1905年結核の研究業績によりノーベル生理学・医学賞を受賞

2)世界保健機関:

       https://www.who.int/news-room/events/detail/2019年03月24日/default-calendar/world-tb-day-2019

 

 

結核の発生動向(世界、日本、大阪府・市)

結核は、ヒト免疫不全ウイルス感染症(後天性免疫不全症候群)やマラリアと共に、世界3大感染症です。結核は過去の病気でなく、国内外を問わず、現在でも多くの結核患者や死亡が発生しています(表)。日本国内の発生動向において、大阪府・市は都道府県・政令市で最多発地域です。

 

表.世界結核報告書-世界保健機関-2018(統計は2017年に基づく)

結核登録者情報調査年報集計結果-厚生労働省-2017

 

新登録患者数

(年間)

罹患(発生)率

(年間人口10万対)

死亡者数

(年間)

死亡率

(年間人口10万対)

世界

10,000,000

133

1,570,000

21

日本

16,789

13.3

2,303

1.8

大阪府

1,881

21.3

290

3.3

大阪市

880

32.4

124

4.6

 

結核の早期発見・診断・治療

結核は結核菌を吸入(空気感染)することにより発病するため、主病変は肺結核です。早期発見(症状は2週間以上持続する咳、痰や発熱など)・診断(痰の菌検査、胸部X線検査など)、確実な治療(複数の抗結核菌薬の投与、6か月間)により、結核は治癒する疾患です。また、確実な治療は感染拡大の防止にも貢献します。

 

結核対策の取り組み

日本として、官民が協力し、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに日本は結核低蔓延化(低蔓延の定義は罹患率人口10万対10以下、アメリカ合衆国をはじめほとんどの先進諸国が既に達成)を目指しています。

最後に

2週間以上持続する咳、痰や発熱などがある場合、結核も疑い、医療機関を受診してください。結核の早期発見・確実な治療は治癒のみならず、感染拡大も防止します。

お問い合わせ

公衆衛生部 健康危機管理課
電話番号:06-6972-1321