コンテンツにジャンプメニューにジャンプ
大阪健康安全基盤研究所

トップページ > 一般の方へ > 沖縄県で麻しん患者の発生が続いています

沖縄県で麻しん患者の発生が続いています

掲載日:2018年4月19日

沖縄県で麻しん患者(60名以上、4月17日現在)が発生し、沖縄県だけでなく他の地域にも感染拡大が危惧されます。

麻しん患者の発生状況は以下で確認することができます。

 麻疹の感染予防には2回のワクチン予防接種がとても有効です。沖縄県への旅行・出張を予定されている方の中で、麻しんにかかったことがなく、1回のみ接種の方や予防接種を受けていない未接種の方は予防接種を検討してください。

 

麻しんについてさらに知りたい方は以下をご覧ください。

お問い合わせ

企画部 健康危機管理課
電話番号:06-6972-1321